(しゅううるしろうかくじんぶつはくえりょうかがたじきろう)

製作地琉球
製作年代17~18世紀
技法箔絵(はくえ)
サイズ高さ:19.8cm 直径:27.5cm

十弁稜花形の食籠です。朱漆に箔絵で上面に楼閣や騎馬人物、側面を四段に区切り稜花形の窓を廻らし中に楼閣や樹木を、窓外を七宝繋文で埋めています。十弁の花形は布や紙を漆で貼り重ねて形をつくる、乾漆技法が使われています。