黒漆二十四孝唐草螺鈿沈金八角食籠

(くろうるしにじゅうしこうからくさらでんちんきんはっかくじきろう)

製作地琉球
製作年代17~18世紀
技法螺鈿(らでん)、沈金(ちんきん)
サイズ高さ:28.7cm 直径:29cm

食物を盛る蓋付きの器で書院の棚飾りに用いました。八角形で二段重ねの本品は全体が黒漆塗りで各面に猪目窓を設け、中に毛彫りなどを施した緻密な螺鈿で中国の親孝行の説話の二十四孝の図を表し、窓外を沈金の鉄線唐草文で埋め尽くしています。