展覧会のご案内

令和6年度第1期常設展は、辰年にちなみ「龍」の文様が描かれた漆器に焦点を当てます。龍は想像上の動物であり特別な力を持つとされる霊獣です。
天に昇ることのできる龍は、天下太平を知らせる鳳凰とともに、おもに地位や権力を象徴する文様でもありました。特に五爪の龍は最も権威があり、中国皇帝の象徴とされていました。今回の展示では、こうした龍の文様を中心に霊獣が描かれた漆器を展示します。
また、第5室は新収蔵品展として令和5年度に新たに寄贈された作品を展示します。

会期2024年6月4日(火) ~ 9月8日(日)
開館時間9:30 ~17:00 (金曜日は19:00 まで)
休館日休館日 月曜日(祝日は開館) 入館はいずれも閉館30分前まで
観覧料一般 300 円(160円)大学生 200 円(100 円) 65 歳以上 240 円(130円)高校生以下無料
※( )は20名以上の団体料金 ※浦添市民割引・年間観覧券あり ※モノレ-ル一日乗車券利用者は団体料金

ギャラリートーク

会期中、毎週日曜日14: 00より開催
※ 当日券が必要です。
※ 会期中のイベント情報の詳細は、当館ウェブサイトまたはお電話でご確認ください。

常設展示関連講座 「工芸品に見る龍の文様についてー中国と琉球を中心に一」

講師森達也氏(沖縄県立芸術大学副学長/附属図書・芸術資料館長)
日時2024年6月16日(日) 14:00~16:00
場所美術館講堂
定員40名
※当日券が必要です。
申込み:先着順、5月21日(火)より電話で受付開始
手話通訳ご希望の方は、6月6日までに美術館(受付・電話・メール)までお申込みください。